Sky KiesS

Kaleidoscope Service

海外のドローンを使ったハロウィン企画

, …

当店についてAbout

当店は、ドローンを使った空撮映像を法人・個人問わず、広く楽しんでもらいたいという想いで創業いたしました。

ドローン専門の操縦パイロットによる映像、編集技術によって、あらゆるニーズに応える映像を作成することができます。

ドローンを使った企画を検討されている方にも、アイデア出しからご協力させて頂くことが可能です。

上空

ドローン空撮の効果

Expected Effect

空撮映像は、人の目線では決して撮ることのできない素晴らしい映像です。ドローンは、ヘリコプターを使用することでしか撮れなかった魅力的な映像を撮ることができ、一例として下記のようなことができます。

・目を引くダイナミックな映像による集客力向上

・ドローンを使った、独自性のある企画が可能

・高額な費用をかけずに広大な風景撮影が可能

・被写体を俯瞰した全体撮影が可能

ドローン空撮の効果

ご依頼の流れ

Workflow

ご依頼の流れ


①お問い合わせ

撮影場所住所、撮影希望日、希望時間、撮影対象、使用用途などご記入ください。
撮影場所が飛行可能エリアかどうかの可否をお調べし、スケジュールを調整いたします。

②ヒアリング

ご記入頂いた内容を元に撮影のイメージをヒアリングをさせて頂き、撮影プランとお見積を算定いたします。
ご納得頂ければ、申込書にご記入頂くことで正式なお申込みとなります。

③撮影

撮影当日に、できれば現場にて30分程打合せを行わせて頂き、空撮を開始いたします。

④納品

撮影後にデータをSDカード等の記録媒体にて納品いたします。

⑤お振り込み

納品時に請求書を送付いたしますので、お支払をお願いいたします。

キースワークスの門田です。もうすぐハロウィンですね。
ここ数年、ハロウィンは日本でも一大イベントとなっており、年々市場規模が拡大しています。

上の図から、ハロウィンを楽しみにしている人が年々増えていることがわかりますね。
多くの人が関心を持っているハロウィンで、目立ったことができればかなりの注目を集められるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

海外でドローンを使ったイタズラ企画

海外でのドローンを使った面白いイタズラ動画を発見しましたのでご紹介したいと思います。

初めにご紹介する動画は、ドローンに死神の格好をさせて人々を驚かす、という内容になっています。
皆のリアクションが非常に面白い動画となっています。
海外は皆さん全力でリアクションするので驚かせ甲斐がありますね(笑)

続いては、巨大なニセ蜘蛛をドローンで吊るし、人を驚かすという内容の動画です。
こちらも皆のリアクションが面白く、おすすめの動画です。
ちなみに私は虫全般が苦手なので、これをやられると本気でトラウマになると思います…

ドローンを使用した企画の注意点

上記2つの動画は、企画も内容も非常に面白いのですが、日本で真似をすると改正航空法(以下航空法)に違反する可能性が高いです。今回のケースで航空法に違反する可能性が特に高いと思われるのが下記2点です。ちなみに違反すると最大50万円の罰金です。

・人口集中地区での飛行
・人(第三者)又は物件(第三者の建物、自動車など)との間に30m以上の距離を保って飛行させること

もしも動画の真似しようとする場合は法律をよく調べ、各種許可・承認を取り、飛行ルールを守って安全に飛行させましょう。航空法の内容と許可承認の取得方法については以前にも解説していますのでこちらをご覧ください

ドローンを使用した企画は法律等、ハードルが高いのでプロに相談する、または依頼するということも検討しましょう。

スポンサーリンク