Sky KiesS

Kaleidoscope Service

茨城県、群馬県でドローンを飛ばせる場所の一例と注意点

, …

当店についてAbout

当店は、ドローンを使った空撮映像を法人・個人問わず、広く楽しんでもらいたいという想いで創業いたしました。

ドローン専門の操縦パイロットによる映像、編集技術によって、あらゆるニーズに応える映像を作成することができます。

ドローンを使った企画を検討されている方にも、アイデア出しからご協力させて頂くことが可能です。

上空

ドローン空撮の効果

Expected Effect

空撮映像は、人の目線では決して撮ることのできない素晴らしい映像です。ドローンは、ヘリコプターを使用することでしか撮れなかった魅力的な映像を撮ることができ、一例として下記のようなことができます。

・目を引くダイナミックな映像による集客力向上

・ドローンを使った、独自性のある企画が可能

・高額な費用をかけずに広大な風景撮影が可能

・被写体を俯瞰した全体撮影が可能

ドローン空撮の効果

ご依頼の流れ

Workflow

ご依頼の流れ


①お問い合わせ

撮影場所住所、撮影希望日、希望時間、撮影対象、使用用途などご記入ください。
撮影場所が飛行可能エリアかどうかの可否をお調べし、スケジュールを調整いたします。

②ヒアリング

ご記入頂いた内容を元に撮影のイメージをヒアリングをさせて頂き、撮影プランとお見積を算定いたします。
ご納得頂ければ、申込書にご記入頂くことで正式なお申込みとなります。

③撮影

撮影当日に、できれば現場にて30分程打合せを行わせて頂き、空撮を開始いたします。

④納品

撮影後にデータをSDカード等の記録媒体にて納品いたします。

⑤お振り込み

納品時に請求書を送付いたしますので、お支払をお願いいたします。

キースワークスの門田です。

京都御苑でドローン飛ばす カナダ人女性を書類送検「飛行規制知らなかった」

最近は↑のようにドローン操縦者が違法操縦で逮捕されるニュースをたまに目にしますね。日本は気軽にドローンを飛ばすのには、あまり適していないのかもしれません。しかし、かつてラジコン飛行機!というと、大変ハイソなおもちゃといった印象がありましたが、現在では1万円以内で購入できるドローンが多く出ています。せっかくだからドローンを飛ばしてみたいなぁ、と思って購入したけれど、まかり間違って逮捕されてはたまりません。安全にドローンを飛行させることができる場所を探したいところですね。

私が関東で行ってみたことのある、ドローン飛行が可能な場所をいくつか挙げさせて頂きます。

スポンサーリンク

茨城県古河市 ドローン練習場


古河市がドローン練習場として公認している河川敷になります。利用は無料で出来るのですが、「賠償責任保険に加入したドローンを使用してください。」との文言があり、やや高価な機体を保有している方向けかもしれません。

古河スポーツ交流センター(住所:古河市立崎510-1)に行けば、受付がありますので、そこで利用申請をして下さい。月に何度も訪れる方は、受付時に次回来訪の予約も可能ですので、利用してみましょう。ドローン練習場側に駐車場がありますので、そこに車を止めましょう。駅からは少し遠いので、徒歩ではちょっと大変かもしれませんが・・・。

古河市HP( http://www.city.ibaraki-koga.lg.jp/0000006053.html )

群馬県館林市


自治体では珍しく、公園内でのドローン飛行は禁止でない旨がホームページ上に明記されています。

「公園内でドローンやヘリコプターなどを使用することは、現在禁止していません。しかし、使用にあたっては、人が多い場所では使用しないなどの安全性、撮影を行う場合にはプライバシーなど、また、木に引っ掛かる、池や沼に落ちるなどの対処についても一切の責任を持って使用してください。」

*館林市HPより引用

館林市は大きめの公園がいくつかあるため、人が少ない時間帯を選んで、飛行させるには良いかもしれません。アクセスは車が良いでしょう。どの公園も駅から歩くには少し距離がありますので徒歩では難しいと思います。

忘れてはいけないのが自治体が飛行を承認しているからといって、国交省のガイドラインを無視してよい訳ではありません。無許可で夜間に飛行したり、人に近づけて撮影していれば航空法違反となってしまいます。通報され、もしも逮捕されてしまえば50万以下の罰金までついてきてしまいます。人がいなく、建物から離れた場所で、国交省ガイドラインにのっとった飛行をする必要があります。

ドローンの操縦に不慣れなうちは、やはり早朝などに練習してみるのが一番いいですね。

館林市HP( http://www.city.tatebayashi.gunma.jp/docs/2016020300011/ )

これらの情報は2017年7月時点のものですので、今後、自治体が方針を転換することは大いに考えられます。確実なのは、ご自身で確認をとった上で、飛行させることです。是非、違法行為を避け、ドローンでのフライトを楽しんでみてください。

スポンサーリンク