Sky KiesS

Kaleidoscope Service

ドローンは本当に危険なの?

, …

当店についてAbout

当店は、ドローンを使った空撮映像を法人・個人問わず、広く楽しんでもらいたいという想いで創業いたしました。

ドローン専門の操縦パイロットによる映像、編集技術によって、あらゆるニーズに応える映像を作成することができます。

ドローンを使った企画を検討されている方にも、アイデア出しからご協力させて頂くことが可能です。

上空

ドローン空撮の効果

Expected Effect

空撮映像は、人の目線では決して撮ることのできない素晴らしい映像です。ドローンは、ヘリコプターを使用することでしか撮れなかった魅力的な映像を撮ることができ、一例として下記のようなことができます。

・目を引くダイナミックな映像による集客力向上

・ドローンを使った、独自性のある企画が可能

・高額な費用をかけずに広大な風景撮影が可能

・被写体を俯瞰した全体撮影が可能

ドローン空撮の効果

ご依頼の流れ

Workflow

ご依頼の流れ


①お問い合わせ

撮影場所住所、撮影希望日、希望時間、撮影対象、使用用途などご記入ください。
撮影場所が飛行可能エリアかどうかの可否をお調べし、スケジュールを調整いたします。

②ヒアリング

ご記入頂いた内容を元に撮影のイメージをヒアリングをさせて頂き、撮影プランとお見積を算定いたします。
ご納得頂ければ、申込書にご記入頂くことで正式なお申込みとなります。

③撮影

撮影当日に、できれば現場にて30分程打合せを行わせて頂き、空撮を開始いたします。

④納品

撮影後にデータをSDカード等の記録媒体にて納品いたします。

⑤お振り込み

納品時に請求書を送付いたしますので、お支払をお願いいたします。

「ドローンは危険なのでしょうか?」

というご質問をよく受けます。

結論から言いますと、大変危険です。

しかし、それは素人が扱う場合は大変危険である、ということになります。
例えるなら、車の運転方法を全く知らない人に車を運転させるようなものです。

ドローンには車同様、多種多様なリスクがありますが、今回は墜落と衝突のリスクについてお話いたします。

スポンサーリンク

墜落のリスク

ドローンの最もメジャーなリスクが「墜落」です。
2015年の首相官邸へのドローン墜落事件は記憶に新しいかと思います。
(この事件の当事者は懲役2年、執行猶予4年、ドローン没収という判決になったそうです。)
ドローンが墜落した場合、標準的なドローンの重量は約1,000g〜1,400g程ですので、約1kgの物体が突然上空から降ってくることになります。家や車などに当たると当然破損させてしまいますし、人に当たった場合は間違いなく傷害を負わせてしまいます。

↓は世界でのドローン墜落映像集です。恐ろしいですね…。

衝突のリスク

墜落と同様、ドローンは衝突すると物や人を必ず傷つけてしまいます。
当店の所持しているMavicではプロペラは毎分8,000〜9,000回転という凄まじい回転数ですので、人に触れようものなら触れた箇所はたちまち切り刻まれてしまいます。
ちなみに私の友人は、ドローンを購入し、すぐ自室で飛行させた結果カーテンを切り刻んでしまったそうです(笑)

ドローンは飛ばすこと自体は簡単!しかし…

ドローンは素人でも飛ばすことは可能ですが、正しい知識や経験がないと簡単に墜落、衝突させてしまいます。
また技術面だけでなく、ドローンは航空法など様々な規制もありますので、法律に関する知識も重要となります。

プロは簡単に飛行させているように見えて、技術、知識をしっかり身につけた上で飛行させています。
皆様もご自身でドローンを飛行させる際は、どんなリスクがあるか確認したうえでドローンを楽しみましょう。

スポンサーリンク