Sky KiesS

Kaleidoscope Service

空撮に関する注意点

当店についてAbout

当店は、ドローンを使った空撮映像を法人・個人問わず、広く楽しんでもらいたいという想いで創業いたしました。

ドローン専門の操縦パイロットによる映像、編集技術によって、あらゆるニーズに応える映像を作成することができます。

ドローンを使った企画を検討されている方にも、アイデア出しからご協力させて頂くことが可能です。

上空

ドローン空撮の効果

Expected Effect

空撮映像は、人の目線では決して撮ることのできない素晴らしい映像です。ドローンは、ヘリコプターを使用することでしか撮れなかった魅力的な映像を撮ることができ、一例として下記のようなことができます。

・目を引くダイナミックな映像による集客力向上

・ドローンを使った、独自性のある企画が可能

・高額な費用をかけずに広大な風景撮影が可能

・被写体を俯瞰した全体撮影が可能

ドローン空撮の効果

ご依頼の流れ

Workflow

ご依頼の流れ


①お問い合わせ

撮影場所住所、撮影希望日、希望時間、撮影対象、使用用途などご記入ください。
撮影場所が飛行可能エリアかどうかの可否をお調べし、スケジュールを調整いたします。

②ヒアリング

ご記入頂いた内容を元に撮影のイメージをヒアリングをさせて頂き、撮影プランとお見積を算定いたします。
ご納得頂ければ、申込書にご記入頂くことで正式なお申込みとなります。

③撮影

撮影当日に、できれば現場にて30分程打合せを行わせて頂き、空撮を開始いたします。

④納品

撮影後にデータをSDカード等の記録媒体にて納品いたします。

⑤お振り込み

納品時に請求書を送付いたしますので、お支払をお願いいたします。

空撮に関する注意点
撮影関係者以外の人物の真上を飛行することは出来ません。
人通りの多い場所や、市街地での空撮は状況によっては出来ない場合があります。
関係者以外の所有物(車両、建物、土地)の真上を飛行、通過することは基本的に出来ません。
土地の所有者および物の所有者から許可を取ることができれば飛行可能です。
風が強い場合(目安:地表風速7m/s以上の場合)空撮できない場合があります。
また、風速が5m/sを超えると映像に若干の揺れが出る場合がございます。
雨(小雨)が降った場合、空撮することはできません。
天候が曇りの場合、晴天時と比べて映像クオリティは低下いたします。
天候の変動により、撮影が中止となる場合がございます。
空撮機材に何らかのトラブルが生じた場合、撮影が中止となる場合がございます。

スポンサーリンク