Sky KiesS

Kaleidoscope Service

ドローン撮影時の準備について

, …

キースワークスの門田です。
ドローンを飛行させる際、実際に飛行可能な場所に移動してから気が付くことが多々あります。「あ!あれ持ってくれば良かった・・・」といった事態を少しでもなくすため、空撮前の下準備は入念に行いましょう。

スポンサーリンク

機材は揃ってる?

私はドローンのモニターにiPadを使用しています。iPadは普段プレゼン資料にも使っているので、いつもドローンと一緒に置いている訳ではありません。私はいつも撮影前には、持っていく機材一覧を記載したチェックシートを確認しているのですが、ある日撮影練習に出かける際、チェックシートの確認中に「あ、iPad入ってないや」と気づいた事があります。モニターが無ければ空撮は不可能です。(手持ちのiPhoneで代用は可能ですが)ケーブル・プロポ・モニターにバッテリーなど、必要なものでも保管場所が異なると、ついつい忘れそうになってしまいます。出発前に機材一式を再確認しましょう!

バッテリーはいつ充電した?


ドローンのバッテリーはリポ(Lipo)バッテリーを使用していることが大半ですが、リポバッテリーは保管に若干注意が必要です。満充電のまま保管したり、残量が全くない状態で保管すると、バッテリーの寿命低下に繋がります。

最適な保管方法としては、バッテリーの残量を60%程度にして、暑くなりにくい暗所に保管することです。セーフティーバッグがあれば尚良いと思います。

ちなみに、DJI製のインテリアバッテリーはアプリでストアモード(自然に約60%まで残量を下げる)に入る設定が出来ます。リポバッテリーの適切な保管のためにはとても便利な機能ですが、1週間前に満充電にしたからこのままフライトに行こうと、いざ起動すると電池残量が60%しかない事態になりかねません。

・バッテリーは約60%程度で保管。
・フライト前日に充電して、空撮に備える。

といった管理方法がベストでしょう。

ブルーシートとランディングパッド

フライトのために訪問した現地がどの様な状況かは、常に把握できることではありません。草が生い茂っていたり、小石がたくさんあって離発着に支障がでる様な状況かもしれません。円滑な離発着の為にはランディングパッドがあると便利です。スキッドが汚れたり、ブレードが草を切り裂くこともなくなります。

また、機材入れを汚れた地面に置ける様、ブルーシートがあると、尚良いと思います。ただ、ブルーシートをランディングパッドの代わりにすることはおすすめしません。風で舞い上がり、回転しているブレードと接触する可能性があるからです。

必要なものをしっかり揃えて、スムーズにフライトをさせたいですね!

スポンサーリンク