Sky KiesS

Kaleidoscope Service

空撮に関する注意点

空撮に関する注意点
撮影関係者以外の人物の真上を飛行することは出来ません。
人通りの多い場所や、市街地での空撮は状況によっては出来ない場合があります。
関係者以外の所有物(車両、建物、土地)の真上を飛行、通過することは基本的に出来ません。
土地の所有者および物の所有者から許可を取ることができれば飛行可能です。
風が強い場合(目安:地表風速7m/s以上の場合)空撮できない場合があります。
また、風速が5m/sを超えると映像に若干の揺れが出る場合がございます。
雨(小雨)が降った場合、空撮することはできません。
天候が曇りの場合、晴天時と比べて映像クオリティは低下いたします。
天候の変動により、撮影が中止となる場合がございます。
空撮機材に何らかのトラブルが生じた場合、撮影が中止となる場合がございます。

スポンサーリンク